【箱庭目録】記録

我らが【箱庭】へようこそ御出で下さいました。
この【箱庭世界】には二人の【作者】が居ります。
【作者Y】と【MIMI】。
二人による【箱庭】の【物語】を
どうぞお楽しみ下さい。

箱庭世界落書き図鑑
多分週刊、落書きクオリティでのキャラ図鑑
9/21 NEW! 『天宮テン』
箱庭物語
 箱庭にて語られる様々な物語の目録
点絵倉庫
 作者Yによるドット絵展示室
遊戯作成
 いろんな方と作り上げるゲーム日記

【別館】
作者Yの小説置き場:歪書庫
作者Yの落書き帳:PIXIV
作者Yの作曲小屋:雑音集音機
スポンサーサイト

風刺のちょっとした過去

MIMIです

うちの腹黒少年の紹介軽い過去書いたのあったんでのせますね


【黒壁 風刺】
三人家族だったものの、街のヤクザに家と両親を殺される。当人は外出中だったため1人だけ無事生き残る。
それ以来男嫌いになり、一人でふらふら生活をこなす。家の周りは自然が多いため食べ物も自力で手に入れる。成長するにつれて薬草(主に毒薬)の知識などを身に付け、街中にでて売買も行うようにして資金を手に入れる。
男嫌いに反比例して女性に対しては誰でも紳士的に接っするようになる。下心とかはなく反射的に困っている女性などがいたら助けている。ただ積極的に近寄ってくる女性はいつもどおりに優しく対応するが戸惑ってしまう。
男嫌いになったため、女性とは真逆の悪態をつく。さらに腹黒。あわよくば利用するかさっさと自分の目の前から消えて欲しいとかその他諸々…。
剣は短刀を2本持っている。使用する時は二刀流だったり、一本で事足りることもあれば一本で戦う。小柄なため動きも素早い。卑怯な手を使うこともしばしば。

「野郎はとっととすっこんでろ」
「カスがガキ相手にムキになってんじゃねえよ」
「お嬢さんお怪我はないですか」
「大丈夫ですよ、こう見えても力はありますから」


風刺

続きを読む »

一日早いけど万事屋ハロウィンイラスト

MIMIです
明日で10月も終わるんですね。あっという間だよ

そんなこんなでついさっき描いた万事屋のイラストを
載せますね

万事屋ハロウィン

時間ちょっとかけて書いた割に凝った構図も背景も丁寧さもないけど万事屋のイラスト描けてよかったよかった

一応、銀さんがフランケンシュタインで新八が狼男・神楽が魔女です
お菓子配りに行く仕事してる最中に神楽がお菓子勝手に食べようとしたり、かぼちゃ持ち帰ろうとしてるとこを新八が注意したり

てな様子。




そういえば最近思ったのが、自分よく一部のニュースサイトとかみたいにすぐ続きから読ませる方式にしてたんですけど、すごい長くなきゃ別に追記に表示しなくてもいいかなーってなったので最近はそこまですぐに追記にしないことにたぶんなった

また変わるかもだけど。

Wi-Fiきたど

MIMIです。

一人暮らしを初めて3年半、そしてWi-Fiがなくなり3年半、18日に遂にようやくやっと念願のWi-Fiが我がアパートにやってきました
ひゃっほい

アパートでも工事しなくていいしいくら使っても使用料金変わんないとても自分向きの素晴らしいものを購入したんで超便利!

パソコンも学生時代に資料使うために必要ということで自分が持ってていいことになってたんでそのまま使わさせてもらってるし、iPadもWi-Fiなきゃインターネット使えなかったけど、イラストアプリとか使えるしそのまま売らずに持ってたので
今!!最大限に使えるぜええええ

いえーい<<ヽ(´ω`)ノ>><<ヽ(  ´)ノ>><<ヽ(´ω`)ノ>


これで更新速度は断然あがると思います
かといってうちの子のキャラ紹介をたくさんできるとのはまた別だけどね


何回もこのブログで行ってきてたんですけど、どうもスマホでの文字入力に時間かかるので元々文章力なくて記事一つ作成するのにも時間かかるのがめんどくさくて、しばらく作ってた記事を途中で時間かかるしもういいやって消すこともしばしばあったもんで。


んじゃあここら辺で最後にこのブログじゃほぼ触れて来なかった自分のTwitterアカウントでも晒して終わりにします
@krpsnomitai
これですね

何かしらの話題で人と繋がりたいのに全然できてないのが悲しいです。ツイッター以外でもなんでも。
タグとか使っても挨拶だけして終わりそうなのが予想ついてる(自分から声かけろ)

だんだんネガティブモードにはいちゃったんですけどアレです!
Wi-Fiきたぜやったぞって話です

んじゃさらば!

書き溜めてるよ、吐き出したるよ

どうも、描きだめして全然更新してねぇ眼鏡です

作者Yやで

さて、溜めたら吐き出しましょうね

前置きは今回は簡潔にしておきます。
明日仕事だけど俺今37.2あるんで。
休む度胸無いから休めないけど。

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»