FC2ブログ

企画漫画:月之船夏祭り【裏】

緋月さんの企画で描いた
月之船夏祭り】 の補足というか
カットされた小話。
そのまま削除は勿体無いので
やっぱり放出する事にしました。


作者Yの恰好と、零の着替え
衣装貸出所にて
「つーか気になってたんだがな、作者Y。テメェなんなんだその恰好」
零にそう指摘されて、作者Yは己の恰好を顧みる。
「何や問題あるかぃな?」
「あんだろ、着物の下にハイネック着込むとかなんなワケ?」
「だってほら、お面被ったら眼鏡かけられへんからさ、誰かわからんやろ?だったらワイのもう一つのアイデンティティ…ハイネックは外せへんやん」
ユガミの恰好
そう言って、視線をそらす作者Y。
零はその様子に呆れ顔でため息をついた。
「…で、俺も着物着ないといけねぇのか?」
「うん、零も来てね!」
笑顔のMIMIが差し出した浴衣を手に取って渋面を浮かべる零。
「女物だよな…」
「流石に浴衣の場合は男物は無理やろ、そんなんやったら痴女やで」
「わぁってるよ!せめて甚平とかさ…」
「「却下」」
作者2人に速攻で却下された零。
しぶしぶといった表情で着物に視線を落とした。
「着なきゃ…なんねぇのか…」
「あ~もう何や!鬱陶しいなぁ!」
作者Yは零の目の前まで近づくと無遠慮に胸倉を掴んだ、そして
「うわぁ?!」
着替えろ零
問答無用で脱がせ始めた。
それを見ていた十夜が、僅かに困った表情を浮かべた。
「零…またサラシしてるの?駄目だよ~それじゃ」
着替えろ零2
十夜の言葉に便乗した作者Yに殺気を向けながら零は、浴衣に袖を通した。
「ほら、着付けするからちゃんと立ちいや?」
「わぁってるよ」
作者Yが零の着物を着つけていく。
同じように十夜の方もMIMIが着付けを行っていた。
「よし、これでオッケーだよ!」
「こっちも終わったでぇ?」
作者達の声に零と十夜は互いの姿を見た。
「おぉ!零可愛い!」
「ぇ、や…そんな事ねぇ…し。十夜の方が滅茶苦茶可愛いぜ?」
普段着る事のない格好になんというか気恥ずかしいような感じがする。
互いに顔を見合わせて笑い合うと、待たせている白兎達の元に戻るため着付け部屋を後にした。

裏方の攻防
全力でカットした話
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編1
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編2
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編3
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編4
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編5
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編6
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編7
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編8
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編9
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編10
漫画:月之船のお化け屋敷~外部編11
そして、作者Yはお化け屋敷から
出てきたであろう月之船メンバーの元へ
戻っていった。

最後の最後
実は作者Yもラストシーンに居た
漫画:月之船のお化け屋敷~番外編1
漫画:月之船のお化け屋敷~番外編2
漫画:月之船のお化け屋敷~番外編3

各話の補足情報

:裏方編:
月之船メンバーが
お化け屋敷を楽しんでいるのと同時刻。
花火打ち上げメンバーの選出方法は
火の扱いが得意な連中と言う事で
異端学級から
「相楽朝英」「相楽迷夜」の半人兄弟と
箱庭世界~紅緑黙示録~から
「月田万里」「金田千香」を選びました。
相楽兄弟は人外×人間のハーフで、
鳴闇黒狐ちゃんの子孫、
4代目鳴闇「鳴闇型人」の同級生です。
ついでに、マスターの同級生にして
殊ノ峰君の先輩。
今回は峰君に凄い花火を見せてやろうと
裏方に回った様子。

:最後の最後:
実はいました作者Y。
歪書庫の方で色々あったせいか
白兎君に物凄く嫌われてるので
表に出ずこっそりといた様子。
ちなみ作者Yは箱庭内ではテレポート技能持ち。
あらかじめ指定した本の元に移動できる。
という事で、白兎に頭潰される前に逃走しました。


実はうpしてないだけで
こんだけ無駄に描いてました(´゚д゚`)
作者Yの落書き生産量は時々ヤバイ
まぁ、こんな感じに落書きしてます。

あ~落書き図鑑の方は、
ぼちぼち更新していくので待ってね?
データどっかに言ったので捜索中なのです
(^ω^)<やっちまったぜ畜生

という事で今回はココまで、あでゅー!
スポンサーサイト

コメント

量が半端ない
こんだけかけるの凄いな~

裏方の狂気じみた顔素晴らしい( ・`ω・´)
2016-08-22 18:10 MIMI #- URL [ 編集 ]

寮がヤベェのデス

自重し忘れたらこんなんになった…w

綺麗な漫画を描いてたら、
ついつい狂気じみたのも描きたくなって…
裏方で発散していました(´゚д゚`)
キチガイ、タノシイ!
2016-08-22 23:16 作者Y #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://owymimi.blog.fc2.com/tb.php/377-73bcfc9d

 | ホーム |